• ハードウッドの専門店 NGS 中山源太郎商店 > 会社案内 > 代表挨拶
  • 会社案内

    代表挨拶

      弊社は大正3年に創業者の中山源太郎が北海道産の木材を取り扱うようになったことから始まりました。戦争により空襲の被害を受けましたが、戦後は銘木店として、全国各地の銘木や国内外の様々な木材を扱ってまいりました。

      昭和50年代後半からは、薬剤注入により「腐れ」や「虫食い」といった木材の弱点を補う防腐注入処理木材の生産を開始しました。腐りにくい木材の製造の関連から、外構資材のプレカットや現場での施工業務も行い、あらゆる注文に対応できる知識、技術を培ってまいりました。

      しかし、昭和60年代に入ると、全国的に薬剤に対する公害問題がクローズアップされ始めました。その後、防腐注入処理木材の乾燥問題も加わり、これらの問題への対応が弊社にとって必要不可欠な課題となっておりました。

      そのような折に、防腐注入処理をしなくとも外構材に適する天然木が熱帯雨林地域にあることを知りました。そこで弊社では、平成4年ごろよりボンゴシ材、その後イペ材の取扱を開始し、主に景観資材を中心に展開していくようになりました。

      現在では取扱樹種も8種類となり、使用する用途に合わせて樹種を選択することが可能になりました。

      今後は環境問題などを考慮の上、より優れた品質で安定供給できる樹種を選択し、「NGSハードウッド製品」として誇りを持ってご提案してまいります。

    株式会社 中山源太郎商店 代表取締役 中山 都雄