• ハードウッドの専門店 NGS 中山源太郎商店 > ハードウッドとは? > 木材品質試験の用語解説
  • NGSハードウッドとは?

    木材品質試験の用語解説

    木材の品質試験で使用される用語の解説です。

    比重
    容積に対する重量の比。木材の比重は、生材、気乾、絶乾のときとでそれぞれ異なるが、材料試験などでは一般的に気乾比重をいう。
    気乾
    大気中に放置された木材の乾燥が進み、含水率が大気中の湿度と同じになった状態。
    曲げの強さ
    材料を折り曲げようとする力に対する抵抗の強さを表す。木材はある程度までたわみ、それを過ぎると破壊する。たわみの小さい材を「曲げに強い材」、たわみの大きい材を「よくしなる材」という。
    圧縮の強さ
    抗圧力ともいう。木材が外圧で押しつぶされようとするときに、材が変形・破壊することなくかけられうる最大の力。木材の場合は、繊維に対して平行方向(縦圧縮強さ)と直角方向(横圧縮強さ)の2つに分けられるが、一般に後者は前者の10~20%の強さである。「クリ」「ケヤキ」は直角方向に強い材として鉄道の枕木、建物の土台などに用いられる。
    せん断の強さ
    天相反する平行力による押し切り、鉄などによる切断で、形状だけが変形し、体積は変化しないものがせん断である。木材は繊維方向にせん断しやすい。最大せん断荷重÷断面積=「せん断の強さ」
    弾性の強さ
    物体に応力が生じるとそれに相応して変形がおこり、応力が消滅すると同時に変形も元に戻る性質を弾性という。このような性質をもつ物体を弾性体という。
    曲げのヤング係数(または曲げの弾性係数)
    単位応力による単位長さあたりの変形量を示す。αの逆数を弾性係数(ヤング係数)といい、高いほど木材の変形のし難さを表す。
    ハードウッドのメンテナンスについて