• ハードウッドの専門店 NGS 中山源太郎商店 > ハードウッドとは? > メンテナンスについて
  • NGSハードウッドとは?

    メンテナンスについて

    天然木であるハードウッドをより長くお使いいただくためのポイントをご紹介します。

    施工時のポイント
    ウッドデッキやウッドフェンス等の周辺は風通しのいい状態で使用していただくと、より長くお使いいただくことができます。たとえば、ウッドデッキの下にはコンクリートを打っておくと下からの湿気が防げて、かつ防草効果もあります。束の周りが常時植物や樹木に被われるような環境下では水切れが悪いため、カビ等が繁殖しやすい状況になります。
    木の表面処理についてのポイント
    天然の木材を使用しておりますので、時にはササクレやひび割れ、毛羽立ち等が生じる場合がございます。ササクレや毛羽立ちが気になる場合は、サンドペーパーで当該箇所を軽く研磨してください。
    また、表面2mm程度削れば、中は施工時のままの色で、杉や桧の劣化のように木材の中の質量がスカスカになっているわけではありません。
    塗装のポイント
    イぺやセランガンバツ等、NGSハードウッドは塗装をしなくても木材自体が高耐久性を備えています。ですが、いかなる木材でも雨に曝されているうちに退色していきます。
    もし退色が気になる場合には、塗装をお奨めいたします。
    屋外の木材への塗装については、「ステインタイプ」と「ペンキタイプ」大きく2つのタイプの塗料があります。ステインタイプは浸透性があるので、顔料が木材にしみ込んで着色するため木目を生かした仕上がりになります。また、再塗装の際にも上から重ね塗りができる為手軽に扱えます。ペンキタイプは木材の表面に塗膜を作って保護するのですが、時間が経つと木材との収縮率との違いから剥離がおこり、そこから塗膜と木材の間に水が浸入する恐れがあります。また、再塗装の際には、一度塗膜をすべて落としてからでないと塗装ができません。
    当社が取り扱う塗料
    当社では、ステインタイプの中でも屋外用木材保護塗料「ステンプルーフ」を推奨しています。ステンプルーフは撥水性が長期間持続するのでおすすめです。
    退色し始めた木材の塗装をする場合は、まず黒ずみや汚れを落としてください。そのあとササクレ等をサンドペーパーで軽く研磨して整えてください。ちなみに、プロの業者さんがする場合は漂白剤であく洗いをしています。
    木材が充分に乾いた状態でステンプルーフを2回塗りしてください。2回目の塗装は半日以上期間あけて塗装してください。
    詳しい塗装方法は塗料の取り扱い説明書に従ってください。
    ハードウッドのメンテナンスについて