• ハードウッドの専門店 NGS 中山源太郎商店 > ハードウッドとは? > ハードウッド取扱樹種一覧 > マニルカラ材の特長
  • ハードウッド取り扱い樹種

    マニルカラ

    マニルカラの産地

    マニルカラの産地

    マニルカラ材の特長

    マニルカラは南米で産出される木材。同じハードウッドである「ジャラ」に色合いが似ていることから「アマゾンジャラ」と呼ばれ、ジャラの低コストの代替品として知られている。黒い縞のような木目が出るのが特徴的で、耐久性等はジャラより強い。

    マニルカラの基本情報

    参考耐用年数
    15年
    別名
    マサランドゥーバ、アマゾンジャラ
    特徴
    • 材色は茶褐色~赤褐色。経年変化後はグレーになる。
    • 木肌が美しく、難燃性も高い。
    耐久性
    • 防虫・防腐処理は不要。
    • 耐久性は極めて高い。
    主要用途
    • 重構造物、デッキ、フローリング、階段の踏板など
    納入実績
    • MEITENGAIビル (徳島県)など
    使用上の注意
    • 板材(KD材)のみの取扱い
    • 木の成分が壁面やモルタルに付着することもあるが、台所用漂白剤や中性洗剤でほぼとれる。
    • 密度が非常に高く硬いので、ビス打ちの際には下穴を開ける必要がある。

    NGSハードウッドの取扱上の注意

     


    お問合せ

    ハードウッドのメンテナンスについて